« 豚フルエンザは本当に弱毒性か? | トップページ | HOLUX m-241(GPSロガー)の話3:Macでログの取り出し »

HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編

操作性

 スイッチは底面にon/offのスライドスイッチが一つと、側面に設定や表示切替用のボタンが2つ付いています。側面のボタンはゴムでカバーされていて、一見防水対策のようですが、底面のUSB端子はむき出しだし、電池室の蓋も隙間だらけ。まったく防水性は期待できません。外で使うものなので防水だと安心なのですが。

 側面スイッチは、左がMENUで表示の切り替えとSetting メニューの呼び出しを行い、右のENTERボタンは表示されているモードによって様々な働きをします。これが慣れるまで非常に判りづらいです。MENUはロータリー形式で、次々と表示を切り替えていくのですが、勢い余って行き過ぎてしまうと、もう一周してこないといけません。慣れても使いづらいのです。せめてもう一つ、BACKスイッチがあれば操作性は格段に向上するでしょう。

Dscf2795_2 Dscf2793_2 Dscf2796_5 M2411_3

 

スイッチを入れるとまず液晶モニタに「GPS Serching」と表示されます。衛星を捕捉すると衛星アイコンが表示され、同時にログの記録可能な残数を表示します。ここでENTERボタンを押すと、ログを取りはじめます。スイッチONと同時に自動的にロギングを始めるように設定することも可能です。

 表示はこのほかに、時計、緯度と経度の表示、速度と高度の表示、距離計測ができます。新幹線(つばさ)に乗ったときに速度を計ってみましたが、232Km/h出ていました。これは楽しいです。発光時間を任意にセットできるバックライトもついていますので、暗いところでも表示が見やすく、同じ価格帯のGPSロガーで「液晶付き」というのはあまりないので大きなポイントです。

性能

衛星捕捉性能

メーカー公表値は下記のとおり。

Hot boot 1 sec
Warm boot 33 sec
Cold boot 36 sec

ただし、これらの数値は好条件下、たとえば海上のような場所に限られるようです。都心部ではウォーム、コールドスタート共に1分~5分ほどかかります。厳密に移動ログをとる必要がある場合、モニタに衛星マークが表示されるまでじっと待っていなくてはなりません。もう少しスタート性能がいいと使いやすいのですが、単三電池1本の駆動ですからやむをえないところかもしれません。

一度捕らえた衛星をどれだけ執拗に追い続けられるか? 新幹線で山形県まで移動したログを添付します。トンネルで衛星を見失った後、しばらくの距離でデータがありません。高速で移動していると、衛星の再捕捉が難しいようです。私が座っていたのが通路側席だったので、その影響もあるかもしれません。窓際席のほうが確実に衛星を見つけやすいです。

より大きな地図で つばさ を表示

位置精度

より大きな地図で 通勤ルート を表示

これはある日の自転車通勤トラックデータです。ご覧のとおり、ビルの多い都心部では航跡が揺らぎます。捕らえる衛星の数が少ないせいか、マルチパスの影響なのかはわかりません。

いったん開けたところに出ると(ログでは皇居前の内堀通り)、トラックは非常に正確になります。道路のどの車線を通ったか、歩道か車道かまで見分けがつきます。

バッテリー持続性能

メーカー公表値は12時間ですが、これは概ねそのとおり。フル充電したエネループで12時間以上ログを撮り続けてくれます。Bluetoothをonにしっぱなしだと電池の消耗が早まるのかどうかは未検証です。

ログ記録数

メーカー公表値130,000ポイント。でも、なぜか残数カウンターは131,000からスタートします。1,000ポイントはおまけでしょうか(笑) 131,000ポイントあれば、1秒毎にログをとっても36時間分、5秒毎なら約1週間分、夜は止めておけば2週間。10秒毎なら… メモリが満タンになるまで書き込むのは大変そうです。

ところで、GPSでなぜ現在地がわかるのか? このへんが参考になりましたので興味のある方は読んでみてください。

Macでログを吸い上げる、写真にGeoタグを入れる、Google Mapにトラックを表示させる、等については近日中に別エントリーに書きます。

|

« 豚フルエンザは本当に弱毒性か? | トップページ | HOLUX m-241(GPSロガー)の話3:Macでログの取り出し »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1220788/29815162

この記事へのトラックバック一覧です: HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編:

« 豚フルエンザは本当に弱毒性か? | トップページ | HOLUX m-241(GPSロガー)の話3:Macでログの取り出し »