トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編

操作性

 スイッチは底面にon/offのスライドスイッチが一つと、側面に設定や表示切替用のボタンが2つ付いています。側面のボタンはゴムでカバーされていて、一見防水対策のようですが、底面のUSB端子はむき出しだし、電池室の蓋も隙間だらけ。まったく防水性は期待できません。外で使うものなので防水だと安心なのですが。

 側面スイッチは、左がMENUで表示の切り替えとSetting メニューの呼び出しを行い、右のENTERボタンは表示されているモードによって様々な働きをします。これが慣れるまで非常に判りづらいです。MENUはロータリー形式で、次々と表示を切り替えていくのですが、勢い余って行き過ぎてしまうと、もう一周してこないといけません。慣れても使いづらいのです。せめてもう一つ、BACKスイッチがあれば操作性は格段に向上するでしょう。

Dscf2795_2 Dscf2793_2 Dscf2796_5 M2411_3

 

スイッチを入れるとまず液晶モニタに「GPS Serching」と表示されます。衛星を捕捉すると衛星アイコンが表示され、同時にログの記録可能な残数を表示します。ここでENTERボタンを押すと、ログを取りはじめます。スイッチONと同時に自動的にロギングを始めるように設定することも可能です。

 表示はこのほかに、時計、緯度と経度の表示、速度と高度の表示、距離計測ができます。新幹線(つばさ)に乗ったときに速度を計ってみましたが、232Km/h出ていました。これは楽しいです。発光時間を任意にセットできるバックライトもついていますので、暗いところでも表示が見やすく、同じ価格帯のGPSロガーで「液晶付き」というのはあまりないので大きなポイントです。

性能

衛星捕捉性能

メーカー公表値は下記のとおり。

Hot boot 1 sec
Warm boot 33 sec
Cold boot 36 sec

ただし、これらの数値は好条件下、たとえば海上のような場所に限られるようです。都心部ではウォーム、コールドスタート共に1分~5分ほどかかります。厳密に移動ログをとる必要がある場合、モニタに衛星マークが表示されるまでじっと待っていなくてはなりません。もう少しスタート性能がいいと使いやすいのですが、単三電池1本の駆動ですからやむをえないところかもしれません。

一度捕らえた衛星をどれだけ執拗に追い続けられるか? 新幹線で山形県まで移動したログを添付します。トンネルで衛星を見失った後、しばらくの距離でデータがありません。高速で移動していると、衛星の再捕捉が難しいようです。私が座っていたのが通路側席だったので、その影響もあるかもしれません。窓際席のほうが確実に衛星を見つけやすいです。

より大きな地図で つばさ を表示

位置精度

より大きな地図で 通勤ルート を表示

これはある日の自転車通勤トラックデータです。ご覧のとおり、ビルの多い都心部では航跡が揺らぎます。捕らえる衛星の数が少ないせいか、マルチパスの影響なのかはわかりません。

いったん開けたところに出ると(ログでは皇居前の内堀通り)、トラックは非常に正確になります。道路のどの車線を通ったか、歩道か車道かまで見分けがつきます。

バッテリー持続性能

メーカー公表値は12時間ですが、これは概ねそのとおり。フル充電したエネループで12時間以上ログを撮り続けてくれます。Bluetoothをonにしっぱなしだと電池の消耗が早まるのかどうかは未検証です。

ログ記録数

メーカー公表値130,000ポイント。でも、なぜか残数カウンターは131,000からスタートします。1,000ポイントはおまけでしょうか(笑) 131,000ポイントあれば、1秒毎にログをとっても36時間分、5秒毎なら約1週間分、夜は止めておけば2週間。10秒毎なら… メモリが満タンになるまで書き込むのは大変そうです。

ところで、GPSでなぜ現在地がわかるのか? このへんが参考になりましたので興味のある方は読んでみてください。

Macでログを吸い上げる、写真にGeoタグを入れる、Google Mapにトラックを表示させる、等については近日中に別エントリーに書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚フルエンザは本当に弱毒性か?

 今朝の蒸し暑さでふと気がついたんだけど、これまで豚フルの感染が国内で爆発的に拡大していないのも、患者が重篤な状態にならないのも、この気温と湿度のおかげなんじゃないでしょうか?

 メキシコシティーは海抜2000メートル以上の高地にあって、夜は冷え込むし空気も非常に乾燥していると聞きます。まさにインフルエンザウィルスが活性化する条件を備えています。USやメキシコでの感染拡大が速かったのは日本とは気候条件がぜんぜん違うからじゃないか? 同時に乾燥した空気は喉と肺を痛めるので、患者は肺炎を悪化させて死に至る率が高くなる…

 もしも私の当て推量が正しいとすると、梅雨時期以降は国内の感染拡大はいったん沈静化するものの秋までじわじわとくすぶり続け、11月ごろになって季節性インフルエンザとともに再び大流行。豚フル患者からは重症者が続出する。病院のベッドは不足し、自宅療養を命じられるものの、ぼちぼちタミフルに耐性を持つウイルスも出現しはじめて死亡者が続出。春になって再び沈静化を迎える頃には国内の累計死者数が数万人にのぼっていた。




 なんていう最悪のシナリオにならないといいんだけど。マスクには予防効果はないけれど、気道の湿度を保つには有効だそうだから、やっぱりマスクはしていたほうがよさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLUX m-241(GPSロガー)の話1:機種選定

 iPhoto'09が「場所」による写真の整理機能を装備したり、FlickrやpicasaがGeoタグを読んで撮影場所を表示してくれるのを知って以来、物欲の対象となっていたのがGPSロガーと呼ばれるものです。

 さらに、我がMacの師匠荻窪圭さんが、自転車のトラックログを楽しげにmixi日記に貼り付けたりするので、物欲が限界点を超えました。私もiMacをEarly2009モデルに買い替えて、いろいろと重たい処理もストレスなくこなせるようになったので、そろそろGPSロガーも買い時だろうと、いろいろと調べながら選定したのがHOLUX m-241という機種です。こちらのブログが大変参考になりました。

 決め手になったのは下記の点で私の希望条件にいちばんハマッたからです。他の機種と迷うことはありませんでした。

  • Macで使える。←最低条件 付属のソフトはWindows用しかないけれど、フリーソフトを組み合わせれば、やりたいことはすべて網羅できそう。
  • 乾電池駆動。旅行にも持って行きたいので、電源が確保しやすい乾電池駆動は必須条件。それに充電式だと、充電中は持って歩けないし。
  • 感度がいい。MediaTek製のチップは、高感度で評判のSiRF Star IIIと互角の性能ということらしい。
  • 小型である。カラビナでバックやベルトにぶら下げていても邪魔にならない。
  • 国内承認済みのBluetooth搭載。iMacにもBluetoothが標準搭載されているので、いちいちUSBケーブルで接続する必要がありません。さくっとデータのダウンロードができます。
  • ネットでの情報が比較的豊富。あまり一般的でないツールはネットの情報が頼りです。
  • デザインが写真愛好家向け。コダックのパトローネを彷彿とさせるデザインです。
  • とにかく安い。

使用感やアプリケーションについては別エントリーにて。

Wireless GPS Logger M-241 CE Wireless GPS Logger M-241

販売元:HOLUX
Amazon.co.jpで詳細を確認する

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方 Book デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

著者:荻窪 圭
販売元:MdN
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googlemap埋め込みテスト

より大きな地図で 2009/05/20自転車往路 を表示

おお、うまくいく♪  これは今朝の通勤+元麻布にある健保組合まで自転車を漕いだトラックログであります。GPSの測位精度は見晴らしのいい場所では高く、ビルの建ち並ぶところでは低くなるのが一目瞭然です。皇居前の内堀通りのトラックは非常に綺麗ですが、永代通りはかなりぐだぐだです。時間潰しのために六本木ヒルズの周辺をふらふらしていることもよくわかりますね。  私の使っているm-241とMac用のソフトについてはおいおい詳しく書いていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の定番味噌汁

練習を兼ねて、もう1エントリー

 我が家では朝食は日曜日のみ和食にしています。和食と言ってもご飯、納豆、(たまに)焼き魚、常備菜、味噌汁程度の簡単なものですが、それでも平日の朝にこれらの準備をするほどの余裕はありません。
 味噌汁を作るのは私の仕事。中身はいつも同じ「わかめと豆腐」です。作り方ですが、

  1. 前の晩に、鍋に水と煮干し3匹を入れておく。時間をかけてじんわりといいダシが取れます。
  2. 朝、鍋を弱火にかけてさらにダシをとる。
  3. ダシの一部を別容器にとりわけ、味噌を溶かす。味噌は八丁味噌と長崎麦味噌をブレンド。比率はほぼ半々。
  4. 塩蔵わかめを水で戻して刻んでおく。わかめはパルシステムの国内産。こしがあってしゃきしゃきしてます。このしゃきしゃき感を残すため、決して煮込まない。
  5. 豆腐もパルシステムの木綿豆腐。値段の割りにはしっかりした固さと味があります。賽の目に切って、鍋にいれる。
  6. 鍋の中身が沸騰しそうになったら、溶かしておいた味噌を入れる。ここからも決して沸騰させない。
  7. 味噌の香りが立ってきたら、刻んだわかめを入れて30秒ほどで火を止めて完成。

 出汁の取り方は「ためしてガッテン」、味噌のブレンドは友人に教わりました。もう何年もこのレシピで作っています。

「いただきます。」のあとはまず味噌汁を一口啜るのですが、あまりにおいしい(自画自賛)ので、ご飯を食べる前にいつも飲み干してしまいます。だからおかわり用に多めに作ってます。

コネタマ参加中: あなたの好きなお味噌汁の具は? 【ココログ選手権】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ココログテストしてみる

「大鎖国日本」のようなmixiで日記を書いていて、なんとなく虚しさを感じるときがあります。あと、オンラインウエアの感想やトラブルシューティングは、広く検索してもらえるところに公開したほうが有益なんじゃないかなあという気もしてきました。

完全に移行するかどうかは未定ですが、時々外部ブログをmixiにリンクしてみようかと思案中であります。

コネタマ参加中: “うどん”と“そば”、好きなのはどっち?

これはもちろん”そば”。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年6月 »