« HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編 | トップページ | HOLUX m-241(GPSロガー)の話4:Macでログの取り出し(HoudaGPS以外のソフト) »

HOLUX m-241(GPSロガー)の話3:Macでログの取り出し

m-241からログを取り出す

m-241にはUSB端子があり、Macにドライバをインストールすれば、USB経由でログデータを取り出せるようです。ドライバを入れるのが面倒なので試していませんが、USB経由のほうが、どうやら対応しているアプリケーションが多いようです。(参考サイトhttp://nishiokya.blogspot.com/2009/03/holux-m-241mac-os-x.html

もうひとつの手段はBluetoothです。こちらはドライバのインストール不要でさくっと繋がります。とても簡単ですから、面倒くさいことが好きな人以外にはBluetooth経由でのログ取り出しをおすすめします。

はじめにm-241とMacをペアリングしてください。OS X 10.5でのやり方は以下のとおりです。

  1. m-241のスイッチを入れ、BluetoothをonにしてMacの近くに置いておく。
  2. Macの「システム環境設定」のBluetoothをクリック。
  3. 左下の+ボタンを押すと、Bluetooth設定アシスタントが起動します。
  4. 続けるを押して、「任意のデバイス」を選ぶ
  5. 続けるを押すと、設定アシスタントがHOLUX_M-241を検出します。
  6. パスキーは「0000」を入力する。

これでペアリングが完了しました。

次にログ取り出しようのソフトウエア探しですが、いろいろと試してみてうまく動いているのは、今のところHoudahGPSのみ。私の力量不足だとは思いますが、Mac用のもう少し扱いの簡単なソフトが増えてくれるとGPSの敷居が低くなると思います。

※ HoudahGPSの最新版はver 4.0ですが、なぜかm-241を認識しません。エラーが修正されるまでver 3.1.1を使った方がよさそうです。3.1.1はdownload.cnet.comからダウンロードできます。(2009/07/19追記:最新版の4.0.1でバグフィックスされています)

1

設定は上記画面のとおり。Eraceボタンをクリックするとデータ取出しがうまくできません。また、ログの形式はGPX, NMEA, KMLを選べるのですが、HoudahGPSで取り出したKMLデータは定秒毎に記録したログをすべてウェイポイントにしてしまうので、Google EarthやGoogleMapでのルート表示がとても見難くなります。面倒でもいったんGPXで書き出して、他のソフトでKMLに変換したほうが綺麗なルート表示になります。

ログの利用法とソフトの紹介は別エントリーで。

|

« HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編 | トップページ | HOLUX m-241(GPSロガー)の話4:Macでログの取り出し(HoudaGPS以外のソフト) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1220788/29836015

この記事へのトラックバック一覧です: HOLUX m-241(GPSロガー)の話3:Macでログの取り出し:

« HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編 | トップページ | HOLUX m-241(GPSロガー)の話4:Macでログの取り出し(HoudaGPS以外のソフト) »