HOLUX m-241(GPSロガー)の話5:写真にGEOタグを貼り付ける

しばらく更新をサボってました。暑いのが苦手なのです。

私がGPSロガーを買った理由は、「写真にGEOタグを貼り付けて、位置情報で管理する」だったので、取り出したGPXデータを写真に貼り付けてくれるアプリを探しました。いくつか該当のアプリをダウンロードして使ってみたなかで、一番わかりやすいのがGPSPhotolinkerでした。写真にGEOタグを貼り付けることに特化しているので、他の複合的なアプリよりシンプルで使いやすいのです。またRAWファイルも扱えるので、デジタル一眼レフユーザーには便利です。

3

簡単に使用方法を書いておきます。

  1. Road Tracksボタンを押して、GPXデータを読み込む。複数のデータを読み込んでおくことができます。1日ごとに切り分けた数日間のログを読み込めるということです。
  2. Load Photosボタンを押して、写真を読み込む。もちろん、複数の写真の読み込みが可能です。
  3. GEOタグの埋め込みにはStandard, Manual, Batchの3通りありますが、私はBacthしか使っていません。StandardとManualは1枚1枚厳密に位置情報を確認しながらの作業のようですが、そこまで必要性を感じていないので。で、Batchですが、GPXデータと写真ファイルを読み込んだら、Batch save to photoボタンを押すだけです。簡単!

重要なポイントは、撮影前にカメラの日付と時間をGPSとぴったり合わせておくことです。GPSPhotolinkerは時間ずれの修正もできますが、ここは基本中の基本なので、撮影前の時間合わせは忘れずに行いましょう。特にコンパクトデジカメの時計の精度は高くないので、1ヶ月で数分狂っていることがあります。移動しながらの撮影では10秒の狂いでも場所がかなりずれますので注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLUX m-241(GPSロガー)の話4:Macでログの取り出し(HoudaGPS以外のソフト)

HoudahGPSが万が一動かなくなったときのバックアップ用です。

その1

BT747 web startGPSBabel+を使います。まずBT747でm-241からバイナリデータを取り出します。設定は下図のを参考にしてください。まず、左下のデバイス選択で/dev/tty.HOLUX_M-241-SPPSlave-1を選び、Speedを38400にしてConnectボタンを押します。m-241と通信が成功すると、右上のGPS Device Dataが表示されます。Download methodをNormal downloadにしてDownloadボタンを押すと、指定したフォルダにバイナリデータがダウンロードされます。

1

バイナリデータのダウンロードに成功したら、GPSBabel+を使って、バイナリデータをGPX XML形式に変換します。設定は下図の通り。

2

Convert...ボタンを押すと、ファイル保存ダイアログが開きますので、適当な名前をつけて保存します。これで完了です。

BT747は、非常に高機能な(たぶん)ソフトなので、ファイル形式の変換ももちろん出来るはずですが、どうもうまくいきません。もうすこし勉強が必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLUX m-241(GPSロガー)の話3:Macでログの取り出し

m-241からログを取り出す

m-241にはUSB端子があり、Macにドライバをインストールすれば、USB経由でログデータを取り出せるようです。ドライバを入れるのが面倒なので試していませんが、USB経由のほうが、どうやら対応しているアプリケーションが多いようです。(参考サイトhttp://nishiokya.blogspot.com/2009/03/holux-m-241mac-os-x.html

もうひとつの手段はBluetoothです。こちらはドライバのインストール不要でさくっと繋がります。とても簡単ですから、面倒くさいことが好きな人以外にはBluetooth経由でのログ取り出しをおすすめします。

はじめにm-241とMacをペアリングしてください。OS X 10.5でのやり方は以下のとおりです。

  1. m-241のスイッチを入れ、BluetoothをonにしてMacの近くに置いておく。
  2. Macの「システム環境設定」のBluetoothをクリック。
  3. 左下の+ボタンを押すと、Bluetooth設定アシスタントが起動します。
  4. 続けるを押して、「任意のデバイス」を選ぶ
  5. 続けるを押すと、設定アシスタントがHOLUX_M-241を検出します。
  6. パスキーは「0000」を入力する。

これでペアリングが完了しました。

次にログ取り出しようのソフトウエア探しですが、いろいろと試してみてうまく動いているのは、今のところHoudahGPSのみ。私の力量不足だとは思いますが、Mac用のもう少し扱いの簡単なソフトが増えてくれるとGPSの敷居が低くなると思います。

※ HoudahGPSの最新版はver 4.0ですが、なぜかm-241を認識しません。エラーが修正されるまでver 3.1.1を使った方がよさそうです。3.1.1はdownload.cnet.comからダウンロードできます。(2009/07/19追記:最新版の4.0.1でバグフィックスされています)

1

設定は上記画面のとおり。Eraceボタンをクリックするとデータ取出しがうまくできません。また、ログの形式はGPX, NMEA, KMLを選べるのですが、HoudahGPSで取り出したKMLデータは定秒毎に記録したログをすべてウェイポイントにしてしまうので、Google EarthやGoogleMapでのルート表示がとても見難くなります。面倒でもいったんGPXで書き出して、他のソフトでKMLに変換したほうが綺麗なルート表示になります。

ログの利用法とソフトの紹介は別エントリーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLUX m-241(GPSロガー)の話2:操作性・性能編

操作性

 スイッチは底面にon/offのスライドスイッチが一つと、側面に設定や表示切替用のボタンが2つ付いています。側面のボタンはゴムでカバーされていて、一見防水対策のようですが、底面のUSB端子はむき出しだし、電池室の蓋も隙間だらけ。まったく防水性は期待できません。外で使うものなので防水だと安心なのですが。

 側面スイッチは、左がMENUで表示の切り替えとSetting メニューの呼び出しを行い、右のENTERボタンは表示されているモードによって様々な働きをします。これが慣れるまで非常に判りづらいです。MENUはロータリー形式で、次々と表示を切り替えていくのですが、勢い余って行き過ぎてしまうと、もう一周してこないといけません。慣れても使いづらいのです。せめてもう一つ、BACKスイッチがあれば操作性は格段に向上するでしょう。

Dscf2795_2 Dscf2793_2 Dscf2796_5 M2411_3

 

スイッチを入れるとまず液晶モニタに「GPS Serching」と表示されます。衛星を捕捉すると衛星アイコンが表示され、同時にログの記録可能な残数を表示します。ここでENTERボタンを押すと、ログを取りはじめます。スイッチONと同時に自動的にロギングを始めるように設定することも可能です。

 表示はこのほかに、時計、緯度と経度の表示、速度と高度の表示、距離計測ができます。新幹線(つばさ)に乗ったときに速度を計ってみましたが、232Km/h出ていました。これは楽しいです。発光時間を任意にセットできるバックライトもついていますので、暗いところでも表示が見やすく、同じ価格帯のGPSロガーで「液晶付き」というのはあまりないので大きなポイントです。

性能

衛星捕捉性能

メーカー公表値は下記のとおり。

Hot boot 1 sec
Warm boot 33 sec
Cold boot 36 sec

ただし、これらの数値は好条件下、たとえば海上のような場所に限られるようです。都心部ではウォーム、コールドスタート共に1分~5分ほどかかります。厳密に移動ログをとる必要がある場合、モニタに衛星マークが表示されるまでじっと待っていなくてはなりません。もう少しスタート性能がいいと使いやすいのですが、単三電池1本の駆動ですからやむをえないところかもしれません。

一度捕らえた衛星をどれだけ執拗に追い続けられるか? 新幹線で山形県まで移動したログを添付します。トンネルで衛星を見失った後、しばらくの距離でデータがありません。高速で移動していると、衛星の再捕捉が難しいようです。私が座っていたのが通路側席だったので、その影響もあるかもしれません。窓際席のほうが確実に衛星を見つけやすいです。

より大きな地図で つばさ を表示

位置精度

より大きな地図で 通勤ルート を表示

これはある日の自転車通勤トラックデータです。ご覧のとおり、ビルの多い都心部では航跡が揺らぎます。捕らえる衛星の数が少ないせいか、マルチパスの影響なのかはわかりません。

いったん開けたところに出ると(ログでは皇居前の内堀通り)、トラックは非常に正確になります。道路のどの車線を通ったか、歩道か車道かまで見分けがつきます。

バッテリー持続性能

メーカー公表値は12時間ですが、これは概ねそのとおり。フル充電したエネループで12時間以上ログを撮り続けてくれます。Bluetoothをonにしっぱなしだと電池の消耗が早まるのかどうかは未検証です。

ログ記録数

メーカー公表値130,000ポイント。でも、なぜか残数カウンターは131,000からスタートします。1,000ポイントはおまけでしょうか(笑) 131,000ポイントあれば、1秒毎にログをとっても36時間分、5秒毎なら約1週間分、夜は止めておけば2週間。10秒毎なら… メモリが満タンになるまで書き込むのは大変そうです。

ところで、GPSでなぜ現在地がわかるのか? このへんが参考になりましたので興味のある方は読んでみてください。

Macでログを吸い上げる、写真にGeoタグを入れる、Google Mapにトラックを表示させる、等については近日中に別エントリーに書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HOLUX m-241(GPSロガー)の話1:機種選定

 iPhoto'09が「場所」による写真の整理機能を装備したり、FlickrやpicasaがGeoタグを読んで撮影場所を表示してくれるのを知って以来、物欲の対象となっていたのがGPSロガーと呼ばれるものです。

 さらに、我がMacの師匠荻窪圭さんが、自転車のトラックログを楽しげにmixi日記に貼り付けたりするので、物欲が限界点を超えました。私もiMacをEarly2009モデルに買い替えて、いろいろと重たい処理もストレスなくこなせるようになったので、そろそろGPSロガーも買い時だろうと、いろいろと調べながら選定したのがHOLUX m-241という機種です。こちらのブログが大変参考になりました。

 決め手になったのは下記の点で私の希望条件にいちばんハマッたからです。他の機種と迷うことはありませんでした。

  • Macで使える。←最低条件 付属のソフトはWindows用しかないけれど、フリーソフトを組み合わせれば、やりたいことはすべて網羅できそう。
  • 乾電池駆動。旅行にも持って行きたいので、電源が確保しやすい乾電池駆動は必須条件。それに充電式だと、充電中は持って歩けないし。
  • 感度がいい。MediaTek製のチップは、高感度で評判のSiRF Star IIIと互角の性能ということらしい。
  • 小型である。カラビナでバックやベルトにぶら下げていても邪魔にならない。
  • 国内承認済みのBluetooth搭載。iMacにもBluetoothが標準搭載されているので、いちいちUSBケーブルで接続する必要がありません。さくっとデータのダウンロードができます。
  • ネットでの情報が比較的豊富。あまり一般的でないツールはネットの情報が頼りです。
  • デザインが写真愛好家向け。コダックのパトローネを彷彿とさせるデザインです。
  • とにかく安い。

使用感やアプリケーションについては別エントリーにて。

Wireless GPS Logger M-241 CE Wireless GPS Logger M-241

販売元:HOLUX
Amazon.co.jpで詳細を確認する

デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方 Book デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方

著者:荻窪 圭
販売元:MdN
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)